浮気 慰謝料請求権

慰謝料請求権は3年で時効

浮気の証拠を掴むためには探偵へ

 

浮気による慰謝料請求権というのは、その事由が起こってから3年で時効を迎えることになります。

 

ですから、その事実が判明したら、なるべく早めにそのことが風化してしまう前に、しっかりと決着をつけておく必要があるのです。

 

一度は愛し合って将来をともに生きていこうと決めた間柄であっても、その関係が崩れることもあるのです。

 

多くの人では平穏な生活をしていきたいと願っていても、価値観が違ったり、生活をしてみて違和感があったり、またほかに好きな異性ができてしまったりすることで、その生活も送ることができなくなる可能性もあるのです。

 

もしも相手がほかの異性に気持ちが動いてしまって修復ができないようであれば、新たな人生を考えてみてもいいかもしれません。

 

日本では法律として、配偶者の不貞行為ということが正式な離婚理由として挙げることができるようになるものです。

 

ですから、その現場の写真や映像などが残っていることによって、正式に離婚に至る理由になるわけです。

 

ですから、動かぬ証拠は得ておくようにすると、自分に有利になります。

 

相手の浮気によって精神的な苦痛を伴うことになった場合には、慰謝料を請求することができるようになります。

 

ただし、裁判で使える証拠とは、「継続的な不貞行為」を証明できるものでなければなりません。

 

それは個人の力で調査することは非常に困難です。

 

本当に将来の事を考えていくのであれば、探偵や興信所へ浮気調査の依頼を検討するべきでしょう。

 

浮気の証拠は探偵で

 

慰謝料請求できる証拠を掴むには自力では無理。探偵へ依頼を検討する

浮気の証拠を掴むためには探偵へ

 

近年、夫の浮気などが原因でトラブルを抱える夫婦が多いです。

 

裏切り行為は許すことが難しいですが、まずは法的にどのような制裁ができるのかをしっかりと自分自身が知識として知っておくだけでも、ずいぶんと気持ちが楽になることが多いです。

 

まず、慰謝料請求いう言葉をよく聞きますがこれは決定的な証拠がなければ、行うことはできません。

 

例えば、よくあるのはスマホのメールのやり取りなどが挙げられますが、これは証拠として通用しません。

 

法律的に裁判で使える、慰謝料請求できるような浮気や不倫の証拠とは継続した肉体関係を証明できる証拠の事です。

 

やはり、浮気調査の探偵事務所など、プロにお任せをすること以外に証拠を掴むことはほぼ不可能でしょう。

 

探偵事務所の費用など、きになることがあればまずは、浮気調査に強い探偵事務所の紹介をするサイトがありますので、そこで相談をすると良いです。

 

電話であれば24時間対応しているので、いつでも都合の良い時間帯に相談が可能です。

 

確実に証拠をつかむためには、浮気調査に強い探偵事務所へ依頼をすることが大切です。

 

また、事前に見積もりなども提示されますし、厳正な適正価格での計算になりますので安心です。

 

相手から慰謝料請求が行えるだけの法的にも認められる証拠を準備するためにはやはりプロへ依頼をすることが近道になります。

 

注意するべき点としては、同じ依頼内容でも探偵社によって金額が大きく違ってくる場合がありますので、必ず複数の見積もりをとることを忘れないでください。

 

浮気の証拠は探偵で