浮気 不倫

既婚者かそうでないかが本来の違い

浮気する男女

 

「浮気と不倫」。意味から見た相違点とは何でしょうか?

 

不倫も浮気もパートナーがいながら異性と関係を持ってしまった場合に利用する言葉で、同じ様に扱われがちです。

 

しかし本来は浮気は既婚でも未婚でも他の異性を関係を持った時に利用される言葉です。

 

また、不倫は片方、若しくは両方が既婚者であり、配偶者以外の異性と関係を持った時に利用する言葉です。

 

その為、同じ様に使われてしまう事も有り、さらに時には結婚しているかどうかという事で単語を使い分ける事も有りますが、実際にはこのような違いがある言葉となっています。

 

では、肉体関係の有無についてはどうでしょうか。

 

法律では、肉体関係がある事によって不貞行為とみなされ、離婚の理由として認められる事になります。

 

結婚しているかどうかと言う事で使い分けられがちな言葉ですが、既婚者の場合は肉体関係がある場合は不倫、そうではなくただ会ったり一緒に食事をしたりと言う風に同じ時間を共有しただけであれば、浮気とみなされます。

 

ただ、不貞行為と言うのは離婚理由の直接的な原因となりますが、実際には肉体関係がなかったとしてもパートナーに嫌な思いをさせてしまったりした場合はそこから離婚を求める事もできる為、離婚の理由になるかどうかという点から行くと、両者には程度差はあってもそれ程大きな違いはありません。

 

制裁も具体的な証拠なくしては効果的なことはできない

浮気する男女

 

愛し合ってこそ、ずっと一緒にいようと決意をして結婚をしたとしても、時には気持ちがすれ違ってしまうこともあるものです。

 

そういった状況になった時には、価値観の違いや他の異性への心変わりなど、いろいろな事情があることでしょう。

 

特に気持ちがほかの人に行ってしまう場合では、そのまま関係が戻れないといったこともあります。

 

しかしながら、子供がいたり、浮気をした人の気持ちがそのまま冷めずにパートナーとの生活を望むのであれば、過ちについてしっかりと償ってもらうことで、再び元の生活に戻ることができたりすることでしょう。

 

そこで相手に浮気をされたときに効果的であると思われる制裁方法について考えてみましょう。

 

浮気をしたら、本人を責めるためにも証拠を得ることが大切です。

 

証拠がないとごまかされる可能性もあるからです。

 

証拠をもとにその後、自分に有利になるように話を進めていくようにしたほうがいいでしょう。

 

浮気はよくないことだということを教え込みながら、次はもうないということや経済的にも身体的にも物理的にも制限をしていくようにするのがいいでしょう。

 

やはり罪を償うといった意識を持たせることが大切だからです。次はないという姿勢でいくようにしましょう。

 

そのためにはやはり離婚裁判や慰謝料請求でも有効な「継続した不貞行為の証拠」が必要であり、その証拠は個人でつかむのは不可能ですので、探偵や興信所を利用するという選択になります。

 

浮気の証拠は探偵で