浮気調査 自分で

行動パターンを事前に掴むことでその後の展開が有利になる

浮気調査依頼

 

自分で浮気調査する場合で重要なのは、相手の行動パターンを掴むことです。

 

証拠が出なくても行動パターンがわかっていれば、いざ探偵に依頼した際も調査がスムーズに行き、料金も抑えることが出来ます。

 

まずは、レシートやクレジットカードの明細、可能であればスマホチェックなど簡単なセルフ調査からやっていきましょう。

 

配偶者の行動を不審に思うようになったら、本当に苦しい思いをすることもあるでしょう。

 

お互いを愛して結婚をしたはずなのに、それでも時間の経過とともに気持ちに変化がある場合もあります。

 

そういったときには、酷ではあっても事実を知ることから始めるといいのです。

 

中には子供や家族のために別れたくないという人もいるでしょうし、浮気をされているなら、きっぱりと切り替えて別れるという選択をする人もいることでしょう。

 

いずれの場合でも白黒をはっきりさせるほうが物事を進めやすいというものです。

 

しかしながら、証拠をつかむための調査を探偵などに依頼をして行う場合には数十万円の費用がかかるのが一般的です。

 

それを自分で行って、証拠をつかむというのもやり方によっては可能な場合もあるのです。

 

自分で浮気の証拠を見つけるためにもまずは相手の行動パターンを知ることから始めましょう。

 

帰宅時間や家を出る時間などもこまめにチェックしたり、メールや着信、発信記録を取っておいたりすることも大切です。

 

また、休日に出かけたりする場合のチェックも必要です。ナビやGPSなどもうまく使えれば場所が特定しやすいでしょう。

 

そういったパターンから、どこに行っているのかということや誰といるのかをいうことを予想しながら尾行などをして写真を撮るなどを自分でやることができるのです。

 

調査をしてバレるのが1番マズい

浮気調査依頼

 

最近芸能人の浮気や不倫していた話が多く出てきているように感じますが、その様な話題が出た際に、自分の彼氏・彼女との関係が怪しいと思ったことはありますでしょうか。

 

一度疑いだしたら確認してみないと気がすまないと思います。

 

しかし、浮気の調査を探偵に依頼をするとなるとお金が掛かってしまいます。今回は、自分で確認する際の注意点を記載致します。

 

まず、浮気調査において最大限注意しなくてはいけないのは、彼氏・彼女に調査をしていることがバレてしまわないようにすることです。

 

バレてしまうことでその後かなり警戒されてしまい、証拠を掴むことが非常に難しくなります。

 

調査を行っている段階では平常心を保つことが難しいと思います。

 

しかし、結果を出すまでは、なるべく普段と変わらない行動・表情を続けましよう。

 

また、調査を行っている際の自分自身については慎重な行動が必要です。顔バレや身バレを防ぐためにも髪型や服装・持ち物を変える必要はあります。

 

最悪捨ててもいいような安いモノでも買っておきましょう。調査時の行動によっては犯罪になりかねないこともあります。

 

例えば調査中に感情的になってしまい相手に暴行行為を行ってしまったり、携帯電話やスマートフォンのメールやLINEの履歴を勝手に見たりすることはプライバシーの侵害や窃盗罪になりかねません。

 

もし、自分で行うのに躊躇いがある際は探偵等に聞いてみるのも良いでしょう。