浮気 離婚

離婚するしないどちらにしても確実な浮気の証拠を掴む必要がある

浮気の証拠は確実につかんでおく

 

浮気調査では可能であれば事前に目的を考えておくことも大切なことです。

 

浮気調査を探偵や興信所に依頼する際には事前にその目的を考えておくと、もし仮に浮気があったとして自分はどうしたいのか、離婚したいのか、それとも関係修復をしたいのかといった目的の違いは得るべき証拠にも違いが出てきます。

 

具体的には離婚を目指すのならば継続した不貞行為の証拠が必要になりますし、関係修復ならば裁判でも使えるような継続した不貞行為の証拠とまでいかなくとも、浮気の事実が類推できる程度の証拠があれば良いでしょう。

 

 

基本的に不貞行為の証拠を得るというのはそれなりに時間も費用もかかりますから、ここは事前に考えておくべきポイントとなります。

 

 

もちろん証拠を得てから考えることも可能ではあります。

 

多くの場合、とにかく浮気しているか真実が知りたいという状況がほとんどで、証拠を得てからの今後のことまでは頭が回らないと言うことも多いです。

 

そうした場合には事前に今後の対応について考えていなくとも、とりあえず調査を依頼して証拠を掴んでおくということも重要です。

 

浮気の証拠を掴んでおけば、仮に離婚する場合にも慰謝料請求する場合にも使えますし、関係修復する場合にも利用することができます。

 

いずれにしろ、確実な浮気の証拠を掴んでおくことは今後のことは今は考えられないとしても大事な事です。

 

 

ただ、もし考えられる余裕が少しでもあるのであれば、今後の対応についてはいずれ考えなくてはならないことなのですから、早い段階で考え始めるに越したことはありません。

 

 

離婚を考える可能性が少しでもあるのならば弁護士事務所と提携している探偵事務所や興信所に相談をしてアドバイスをもらうこともおすすめ出来ます。

 

浮気調査の結果によっては今後の人生が変わるわけですから、1度じっくりと検討することをお勧めします。

 

浮気の証拠は探偵で

 

浮気の再発予防のケース例

浮気の証拠は確実につかんでおく

 

旦那さんの浮気に悩む奥さんにとっては、再発の予防策をしっかり持っておきたいと考えるものです。

 

そもそも、男性が浮気をする大きな理由の一つに、一緒に生活している奥さんに刺激がなくなるといったことがあります。

 

男性の体は女性の体と違い、毎日のように体内で精子が作られ、それを出したいという性衝動に駆られるのですが、家で奥さんが太ってしまって新婚時代とすっかりスタイルが変わってしまったような場合や、奥さんがセックスを拒否し、セックスレス状態になればどうしても対象を外に求めてしまいます。

 

従ってまずは女磨きをいつまでも忘れず、旦那さんの前で魅力的な女でいることを心がけておくことで浮気の予防になります。

 

目の前に魅力的な女がいれば浮気をする必要もないわけで、夫婦関係が良好に保たれるようになります。

 

 

また、二人の間で性感染症の予防を徹底していくことも手段の一つです。

 

性交渉の際はコンドームを着用し、定期的に検査も受けるようにすれば男性も敏感になります。

 

浮気相手が決まった1人ならば性感染症にかかる可能性は極めて低いですが、男性としては家で奥さんが性感染症に対して敏感になっていることを知れば、自分も気をつけて慎重になろうという気持ちが生まれるのです。