浮気現場 写真

プロ以外は裁判でも使える証拠写真を撮ることは難しい

浮気は絶対許しません

 

パートナーの態度が急に冷たくなった、休みの日も出勤だと言って出かけるようになったなど様子がおかしい場合、浮気を疑うかもしれません。

 

やはり決定的な証拠はラブホテルの出入りなど、肉体関係があることが明確にわかる写真が必要です。

 

離婚の裁判になっても勝てる証拠とは、「継続的な不貞行為」を証明する必要があります。素人が裁判でも使える証拠写真を撮ることは難しいでしょう。

 

素人の場合、パートナーを尾行しようとしても見つからないように不自然な行動になってしまうので必ず見つかってしまい、パートナーに浮気の証拠を消去されてしまったり、警戒されて遠くの場所でデートをされるようになってしまう恐れがあります。

 

デートに使ったであろうレストランのレシートや、プレゼントを購入したクレジットカードの明細など肉体関係が証明できない小さな証拠を積み重ねて裁判を起こしても、決定的な証拠写真がないと意味がありませんし、逆に浮気相手に逃げられてしまう可能性があります。

 

そういった時は弁護士を立て、小さなことを積み重ねて浮気相手とパートナーに揺さぶりをかけると、人間が相手なのでぼろを出したり観念して話し合いに応じることも可能性としてはあります。

 

しかし、浮気調査をするのならばやはり浮気調査に強い専門の探偵に依頼をした方が、決定的な写真を撮ることができるので裁判で有利になることは間違いありません。

 

料金はかかりますが、納得する探偵を選んで後悔しないようにしましょう。

 

浮気現場を確実に抑えるためには

浮気は絶対許しません

 

配偶者の行動がおかしいと思ったら、とても嫌な気持ちになることでしょう。

 

しかしながら、悩んでいてもなんの解決にもなりません。毎日の生活がすべてダメにならないようにするためにも、事実を把握する必要があるでしょう。

 

浮気をしているとしてもずっと知らないふりをされることもあるかもしれないのです。

 

そういったことで話を進めることができなくなってしまわないようにするためにも浮気の証拠をつかむようにしましょう。

 

浮気をしているのではないかというときには、まず現場を押さえるための準備段階として相手の行動記録をとるようにするといいでしょう。

 

そして行動パターンを知ることが大切です。メールや電話などで決定的な内容がある場合には、それも画像などでとっておくとよりいいでしょう。

 

また自動車などで移動をすることが多い相手では、ナビなどに行き先のヒントがある場合もあります。

 

そういったことをチェックしながら、浮気現場に行って、その場を押さえたり、写真や映像に撮ったりすると動かぬ証拠になります。

 

自力では難しいので、費用はかかるのですが、探偵などに依頼をして尾行をしてもらうなどをして浮気現場を押さえてもらう方法が得策でしょう。

 

浮気の証拠は探偵で