浮気 慰謝料 相場

一般人の場合、通常は100万円〜300万円程度が相場

浮気の証拠を絶対に掴む

 

浮気が原因で離婚して慰謝料請求できる場合(不貞行為が証明できた場合)、慰謝料の請求額の相場はだいたい100万円〜300万円程度、一般人では高くても500万円程度が相場です。

 

メディアで見るような有名人やアスリート、実業家などのお金持ちの慰謝料請求はあくまで超高額所得者の慰謝料請求であって、通常は数百万円程度となります。

 

もしも配偶者が浮気をしていたら、どういった気持ちになりますか。

 

怪しい行動があるとして、本当にほかの人との関係があるのかということがわからない状態では、平常心を保つことはできないことでしょう。

 

思い悩み、本当に苦しい気持ちになっていることもあるでしょうし、すっきりしない状態が続いてしまうことでしょう。

 

それなら、解決をすることができるように事実関係を知ることから始めるようにするといいです。

 

離婚するにしても、関係修復するにしても、浮気の証拠があることによって、物事がスムーズに進むことになりますし、自分に有利な形で離婚を進めることができます。

 

まずは離婚理由として法的にも認められるような決定的な浮気の証拠を掴むところから始めるといいでしょう。

 

ホテルやマンションといったところに浮気相手と一緒に入るところを映像や画像で撮ることができれば、それは裁判でも使える立派な証拠になります。

 

そういった決定的な浮気の証拠があることで、離婚する際には自分の条件が格段に良くなるものです。

 

別れる際には慰謝料や親権、養育費などの取り決めをしていくことになるのですが、一般的には慰謝料相場は100〜300万円の間くらいになります。

 

経済力がある相手であれば、桁が異なることもありますし、収入によってもその額は異なるものなのです。

 

慰謝料請求は浮気の証拠がないと厳しい。さらに個人の力では限界がある。

浮気の証拠を絶対に掴む

 

浮気の証拠がないと慰謝料請求は厳しいという認識で通常は間違いありません。

 

浮気を原因として離婚する場合は被害者側が慰謝料を請求することが多いのですが、これは決定的な浮気の証拠があって初めて行える請求だと考えておいた方が良いでしょう。

 

もし仮に浮気をしていたのが事実であったとしても現在の法律では不貞行為、要するに性行為に至っていない場合は離婚の要件としては認められないとしています。
また、1度の不貞行為ではなく継続した不貞行為でないと裁判では離婚原因としては浮気が認められないのです。

 

そうした中で離婚を強行するとなれば性格の不一致を理由に交渉に入ることを検討するべきですが、性格の不一致というのは双方に責任がないと判断する物ですから満足な額の慰謝料請求が出来ない可能性が高いです。

 

もし別れられればそれで良いというのであれば問題ありませんが、慰謝料の請求を視野にいれるのであれば決定的な浮気の証拠の獲得も行うようにしましょう。

 

レアなケースとしては、浮気の決定的な証拠がなくとも慰謝料が請求できる可能性がある場合もあります。

 

もし決定的な浮気の証拠、つまり継続的な不貞行為を明らかにする写真などの証拠がない場合であっても、通話記録やメールのやり取りの内容、浮気相手と連れ立って歩いている写真などがあった場合には「不貞行為があったとは断定出来ないが、状況として類推することができる」ということで慰謝料が請求できる可能性はあります。

 

もちろんこれは弁護士などのプロによる交渉技術があって出来ることですが、時には不貞行為を立証出来る確かな証拠が得られないこともありますから、離婚の方法の一つとして覚えておくと良いでしょう。

 

とはいえ、原則として浮気が原因で離婚して慰謝料を請求するとなると、継続的な不貞行為の証拠が必要になります。

 

個人の力で決定的な浮気の証拠を掴むことはほぼ不可能でしょう。

 

将来の自分の幸せや配偶者や浮気相手への戒めということを本気で考えるのであれば、探偵や興信所を使った浮気調査を検討すべきです。

 

問い合わせや相談などは無料で出来ますので、真剣に浮気調査を考える場合は1度相談してみてください。

 

浮気の証拠は探偵で