浮気 慰謝料

100万円〜500万円程度が相場

浮気の証拠を掴むためには探偵へ

 

結論から言いますと、浮気の証拠を掴むことが出来て慰謝料請求できる場合の金額は、相手の経済的状況など色々と加味されますので一概には言えないですが、一般的な相場として高ければ約400〜500万円程度を旦那(もしくは妻)、その浮気相手へ請求することが可能です。

 

今は男性も女性も特定のパートナー以外の異性と性的な関係をもってしまうことも以前より多くなってきています。

 

一般的に不倫とか浮気は避けられるものであれば、避けたいものですが、状況からしてどの夫婦でも可能性はあるものなのです。

 

特に最近は女性であっても浮気をする人もいたりするのは、社会的にも女性が力を持ち始めたことが影響しているともいわれているのです。

 

浮気をする人の言い分もあるのでしょうが、浮気をされた側からすると、本当に気分が悪く、精神的な苦痛は計り知れないものでもあるのです。

 

浮気の証拠などもそろっていて、公的にも不貞行為があったことがわかる場合には、その精神的な苦痛に対しての慰謝料を請求できるようになります。

 

一般的には配偶者に対して請求することが多いのですが、中には浮気相手に対して請求することもあります。

 

この浮気相手に対して慰謝料を請求することで、自分の気持ちが収まる部分もあるのでしょうが、何よりもそれによって罪悪感を感じさせてその相手との関係を悪化させたり、自分の新生活に対しての保障をしてもらうような意味合いもあるのです。

 

額としては、相手の経済力にもよるのですが、低いと50万円くらいから高額だと500万円くらいの間で可能になることでしょう。

 

ただし、慰謝料請求する場合には法的に通用する浮気の証拠が必要となります。

 

慰謝料請求できるような法的な浮気の証拠とは継続した不貞行為のことを指しており、探偵や興信所を使って浮気調査しない限り自分の力で調査することはほぼ不可能でしょう。

 

浮気の証拠は探偵で

 

事前に決定的な証拠を掴んでおくことに比例して慰謝料請求できる金額も高くなる可能性

浮気の証拠を掴むためには探偵へ

 

慰謝料請求の金額が高くなるには、請求される側の経済的状況や婚姻期間、不貞行為の継続期間など様々な要素が組み合わさった時に高額となります。

 

そのためには、出来るだけ正確な不貞行為の継続やそれによってアナタがいかに精神的に苦痛を受けたかを証明する必要があります。

 

探偵や興信所を使って裁判でも使える決定的な証拠をいかに事前に掴んでおくかが非常に重要となります。

 

ともに生活を送ってきて、愛情があったはずのパートナーであっても、いろいろな事情から状況が変わってくることで心変わりをしてしまうこともあるでしょう。

 

生活感や価値観が違っていたり、そういった部分からくるほかの異性への興味関心、そしてそれが決定的な状況として、浮気をするようになったりすると、気持ちが戻ることが難しかったりすることもあるのです。

 

そこで、浮気をした相手に対して許すことができないという気持ちを慰謝料を請求することで自分を納得させることもあるでしょう。

 

日本では法的に不貞行為があった場合にそれが正式な離婚理由になるものです。

 

そのためにも決定的な証拠をつかんでそれを提示することで、浮気をされた側としては有利に物事を進めることができるようになります。

 

その証拠がはっきりと提示できるかどうか、そして長きにわたって相手を苦しめたということなどが、高く請求できるようになるポイントになるのです。

 

浮気をしていたことを証明するような浮気相手との密会の現場の写真や映像などがあればいいですし、メールやラインのやり取りなどでも肉体関係があったことなどがわかるものがあれば、説得力があります。

 

ですから、こういった証拠によって、より高く慰謝料を取ることができるようになるのです。

 

浮気の証拠は探偵で