浮気調査 探偵 やり方

浮気調査の場合は尾行が中心

浮気の証拠は確実につかんでおく

 

探偵や興信所が行う浮気調査の内容とはどんなものなのでしょうか。

 

現在、浮気調査を依頼できる業者として活動しているのが探偵や興信所といった調査のプロです。

 

こうした探偵や興信所で行われる調査方法は基本的に尾行と聞き込みが主体となります。

 

 

ただ浮気調査の場合は内密に調査を進めることが求められますから、聞き込みはほとんど行わずに尾行のみで証拠を集めることになるでしょう。

 

尾行では調査対象を調査スタッフが追跡し、その間の行動データを集めた上で証拠になり得る現場の写真を収めて行きます。

 

この工程を数日間繰り返した後に報告書を作り、その報告書が依頼人の手に渡った時点で調査は完了です。

 

 

注意しておきたいのは、探偵や興信所はどのような調査でも依頼できるわけではありません。

 

探偵や興信所といった調査機関は普段だとなかなか関わり合いになるところではないため、そこで行われる業務の内容について誤解をしている人も少なくありません。
特に多いのが「依頼さえあればどのような調査でもしてもらえる」といったような誤解で、この誤解があるために「浮気相手との会話を盗聴してほしい」などのような依頼が出てくることもあります。

 

 

実際のところそうしたこともやろうと思えばできるのですが、相手の家に盗聴器や盗撮カメラをしかけるなどのことは調査以前に家宅侵入罪などの罪に問われる違法行為です。

 

違法行為になり得る調査を依頼したとしてもまともな事務所であればまず断りますから、どのような調査でも依頼できるわけではないということは事前に心得ておきましょう。

 

浮気の証拠は探偵で

 

一般的にバレることはない。よりバレにくくするには事前の情報提供が大事

浮気の証拠は確実につかんでおく

 

浮気調査を探偵に依頼することはありますが、一般的にはその調査で相手に調査内容がバレることはありません。

 

もちろん、過度な調査をすれば、それだけリスクが上がるためバレる危険性は上がります。

 

必要以上に相手のことを調べたり、必要以上に浮気相手のことを調べたりするケースはバレる可能性も0とはいえません。

 

例えばデートの内容をすべて把握しようとしたり、浮気相手を追い詰めようとしたり、そういったことをするとバレる可能性があります。

 

 

とはいえ通常は、探偵はこちらから指示をしなければ過度な調査は行いません。必要最低限の調査しか行いわないため、全く問題はありません。

 

 

また、相手に知られないためには、事前の打ち合わせを入念に行っておく必要があります。

 

打ち合わせでは相手の情報を伝えていくのですが、そこではできる限りの情報を伝えましょう。

 

情報が多ければ多いほどバレるリスクを軽減することも出来ますし、より確実な調査ができますので、浮気の証拠を押さえることができます。

 

また相手の情報以外にも調査内容についても話をしておくと良いです。

 

どんなことまで調査を進めていくのか、引き際はどのあたりなのかそういったことを話し合っておくと失敗することはありません。

 

後は探偵が無事に調査を進めてくれることを願うだけです。プロに任せておけば完璧な調査をしてきます。

 

浮気の証拠は探偵で